須佐男命の余りの乱暴さをお怒りになった天照皇大神が、天の岩戸に引籠られたため、光を失った高天原は真っ暗闇になり百鬼夜行するありさま、そこで八百万の神々は天の安河原に神集いして、天照皇大神をふたたび地上にお迎えするため智恵をしぼり、思兼命をはじめ伊志許里度売命・天児屋命・太玉命・天宇受売命・手力男命たちが、それぞれの力を尽して皇大神のお怒りを和らげ、須佐男命を天上界から追放し光を取返した。

天の岩戸神話を神楽化したもので、天の宇受売命の神楽舞、太力男命の岩戸開きの場面などが見どころ。





Return