東国を平定した倭建命と草薙剣を讃え国運隆昌を祈願する舞で、両手に真剣を持ち、つぎの神楽歌を唱えながら舞う。

剣太刀 国を治むる 例とて

 神の御前に 献りけり

剣太刀 身に佩(ヘ)き添うる 益荒雄(マスラヲ)は

 ますます心 琢ぎ磨くらん

東の 国言向けて 御剣は

 熱田の宮に 鎮まりいます





Return