現在は高祖神社の祭神であられる神功皇后が三韓征伐の時、この神に祈られ、出征を前に武内宿禰にお命じになって海神(ワダツミノカミ)から、めでたく干珠、満珠の玉を借り受け、見事に勝戦を納められた神話を神楽に仕組んだもので、武内宿禰、志賀住吉神、豊姫、海神の神々が登場、フィナーレは武内大臣と豊姫が、つぎの歌を唱和しながら舞い納める。

息長足比女命(オキナガタラシヒメノミコト) 神の命(ミコト)に

 海神(ワダツミ)の 二つの玉を 奉りける





Return