五穀豊穣を祈願する舞で、折敷に入れた米を、こぼさないように高く低く捧げもつて緩急自在に、つぎの神楽歌を唱えながら舞う。

天降す 水かと見れば 白米(シラゲ)ふる

 玉の寿詞に 綾はえにけり

播き散らす 瑞穂の米の 和稲(ニギシネ)は

 神代のまゝの 神の賜物

すめろぎに 神のよさせし 稔をし

 飽くまで食べて あるが楽しき





Return