御神前に集うすべての人、すべての禍ごと罪汚れを禊祓いする舞で、つぎの神楽歌を唱えながら静かに舞う。

雲絶えて 光さし添う 白珠(シラタマ)の

 御笹(ミササ)を祓う 沖つ白波

君が経ん 千年の影に 比べ見れば

 遠き神代は 及ばざるべし

この宮の 御池(ミイケ)の許に 葭(ヨシ)植えて

 詣ずる人に よしと言はせむ

  葭植えて 葭植えて





Return