11. 新田義貞

にった よしさだ(1301〜38年)南北朝期の武将。
鎌倉攻撃の途中、海を渡るしか方法がないとき、黄金の太刀を海に投げ、
念じたら海の中に道が出来、進むことができたという。





go_electric_samurai go to Electric Samurai